まさかのガス欠でエンジンがかからない!

そんな場合の対処法についてまとめておきます。

単なるガス欠なら誰でも確認できるでしょう。

ですが単なるガス欠じゃないケースも意外と多いんです、ここでは他の理由によるカス穴についてもお伝えしておきます。

ほんとにガソリンタンクがすっからかんになっているケースもあります。これはガソリンスタンドで燃料を入れれば普通にエンジンがかかるはずです。
しかし問題なのはキャブレター車の場合、ガソリンタンク内にガソリンは残っているもののガス欠症状が起きるケース・・・この場合、気づかないと故障だと勘違いする人も多いです。

例えばガソリンが減ってきて燃料コックをオンからオフに切り替える直前の状態。

この状態でエンジンを止めた場合、次に指導する際にキャブに燃料が行き渡らずガス欠状態でエンジンがかかりません。

その場合、単純にガソリンコックをリザーブにすれば難なく始動できます。まっさきにガソリンコックの状態を確認しておきましょう。

燃料コックを持たないインジェクションタイプのバイクの場合

インジェクションタイプのコックを持たない車両の場合、こういったガス欠症状のケースはありません。

インジェクションタイプのバイクの場合、普通はメーターに燃料警告灯があります。点灯していないかを確認してください。

そして燃料タンクのキャップを開け、実際に確認ガソリンが残っているかも目視で確認しておきましょう。

また燃料タンク内にしっかりとガソリンが空いているにもかからず始動できない。

その場合ガソリンがインジェクションに届いていないケースが濃厚です。

途中のパイプやホースに何らかのものが詰まっている、または外れている、断裂して漏れているケースなど考えられます。

無理せず近くのバイク販売店や購入した販売店に持ち込んで確認しておきましょう。