バイクのブレーキは、フロントホイールとリヤホイールに独立して取付けられ、
ディスクブレーキとドラムブレーキの2種類があります。

ディスクブレーキは、ホイールに取付けられた円盤状のディスクプレートをブ
レーキバッドと呼ばれる摩擦材で挟んで制動力を発生させます。

ドラムブレーキは、ホイールハブ部と一体成型された円筒状のドラム部の内側
から、ブレーキシューと呼ばれる摩擦材を押しつけて制動力を発生させます。

ブレーキをかける度に、パッドやシューは少しずつ減っていきます。パッドやシューが減ってしまうとブレーキは正常に作動しません。

ブレーキパッドの残量の点検は、ブレーキバッドの溝で行ないます。キャリバー後側などからパッドの溝は見たりできます。溝がなくなっていれば交換します。

ブレーキシューの残量は、見返りプレートの残呈目盛りで経験します。ブレーキレバーを握と、ワイヤーによって見返りプレートに取付けられたレバーが引っ張られます

ディスクブレーキは油圧によって作動しているようで、オイルが減ると正常に作動しなくなります。

このようなようなので、マスターシリンダーには、ブレーキオイルを溜めるリザーブタンクと呼ばれる部品が取付けられています。

 

ブレーキオイルのチェックも忘れずに

ブレーキオイルは、そのようなリザーブタンクの目盛りで点検します。リザーブタンクを水平にし、オイルがロアレベル以下であればブレーキオイルを補充します。

とは言っても、通常ブレーキオイルはその辺に負担減しません。もし、オイルが減っているようであれば、オイルを補充する前に、ブレーキパッドの残呈と各部からのオイル漏れが存在しないようなか点検しましょう。

ブレーキホース本体やキャリパーなどの結合部には、ブレーキ時評価が良い圧力がかかります。

ホースの表面や、マスターシリンダーやキャリバーとの結合箇所にヒビ割れや不具合、膨らみがないか、オイル漏れはないか点検します。それから、ドラムブレーキの折、ロッド類にも曲がりなどが存在しないようなか点検します

ホイールとぐるみで一瞬で回転し、ブレーキパッドやシューを押しつけて制動力を発生させるディスクプレートやブレーキドラムは、ブレーキをかけると大変高温になります。

このようなといったものはしっかりとに考慮していますが、転倒による不都合や長期にわたっての使用による熱によって変形が発生するときがあります。

 

熱で変形することも・・・

ディスクプレートやブレーキドラムが変形した時、ホイールを持ち上げて空転させると部分的にブレーキパッドやシューと接触したりし
ます。

ひどくなればブレーキ時にレバーやペダルの握り代が歪みに合わせて変動します。
さらに、ブレーキを掛けるとパッドやシューの摩擦材が減りますが、併せてディスクプレートやドラムも減ってきます。

このという目的のため、定期的にディスクやドラムの厚みや振れ具合、キズなど
の傷が存在しないかノギスやマイクロメーターで点検しましょう!

ブレーキは安全走行の最重要項目!しっかりとチェックしておきましょう。