乗車前の簡単にできるマシンチェックをご紹介!

バイク仲間とツーリングに出かけると、意外と多いのが単純なマシントラブルによる故障やエンジンストップ。
天気の悪い状況でのマシントラブルとか、本当に嫌になりますね。

ですが大抵の故障やトラブルの原因は、基本的なメンテナンスを行った怠ったために生じるものが大半。

そこで今回はバイクで出かけるまえにやっておきたい愛車のチェックをご紹介します。

大きく分けて10項目、慣れてしまえば人をかけて暖気中に終わってしまうほど簡単なチェック項目のみです。

ツーリングに出かける際はもちろん、普段の街乗りでも乗車前に以下の10項目だけは確認しておくと良いでしょう。

1.ガソリン残量のチェック

タンクにガソリンがじゅうぶんに残っているかを確認してください。

燃料の残量だけでなく注目してもらいたいのは燃料コックの位置。

コックがオフになったままでエンジンが始動できない・・・なんて初心者の方も意外と多いんですよね。

燃料コックの周辺には、タンクからキャブやインジェクションにつながるホースやパイプ類が確認できるはず。

これらのホース・パイプを目視で確認し、外れ・漏れがないかチェックしておきましょう。

2.クラッチの点検

クラッチの点検で注意してもらいたいのが、握った感覚そしてクラッチレバーの遊びの量。

そうそう問題があるケースは少ないものの、基本的にクラッチは少しずつ摩耗していくもの。

なのでレバーの遊びは一定ではありません。徐々に遊びは増えてきます。

レバーの遊びが大きすぎるとクラッチが完全に切れなくなり、エンジンに大きな負担がかかります。

また遊びが少ない場合、走行中にクラッチが滑る原因となります。必ず用意してください。

3.ランプ・レンズ、灯火類のチェック

まずヘッドライトのハイビーム、ロービームの切り替えがうまく動いているか?

光軸は正しい方向に向いているか?

テールランプ、ストップランプはタマ切れせずしっかりと点灯しているか?

ついでにあまり使用頻度は高くないものの、ホーンがしっかりとなるかどうかもチェックしておいてください。意外と鳴らすタイミングって少ないので、配線が切れていても気づきにくい部分。念のために確認しておきましょう。

特にヘッドライトのハイビーム・ロービームのどちらかの電球が切れていて、本人がまったく気づいていないケースが多いです。

安全性に直結する部分です。昼間だとわかりづらいかもしれませんが、手をかざして点灯状態をチェックしましょう。

まとめ

というわけで10項目すべてをお伝えしたかったのですが、ちょっと長すぎるので、残りの部分は次回の投稿で詳しくお伝えします。

今回のポイントは

  • 1.ガソリン残量のチェック
  • 2.クラッチの点検
  • 3.ランプ・レンズ、灯火類のチェック

ということ。どれも安全性に大きく影響する大切な部分な上に、運転していても気づきにくい部分。

しっかりチェックして安全に運転してくださいね!