月別: 4月 2017

バイクのブレーキ関連のチェック事項

バイクのブレーキは、フロントホイールとリヤホイールに独立して取付けられ、
ディスクブレーキとドラムブレーキの2種類があります。

ディスクブレーキは、ホイールに取付けられた円盤状のディスクプレートをブ
レーキバッドと呼ばれる摩擦材で挟んで制動力を発生させます。

ドラムブレーキは、ホイールハブ部と一体成型された円筒状のドラム部の内側
から、ブレーキシューと呼ばれる摩擦材を押しつけて制動力を発生させます。

ブレーキをかける度に、パッドやシューは少しずつ減っていきます。パッドやシューが減ってしまうとブレーキは正常に作動しません。

ブレーキパッドの残量の点検は、ブレーキバッドの溝で行ないます。キャリバー後側などからパッドの溝は見たりできます。溝がなくなっていれば交換します。

ブレーキシューの残量は、見返りプレートの残呈目盛りで経験します。ブレーキレバーを握と、ワイヤーによって見返りプレートに取付けられたレバーが引っ張られます

ディスクブレーキは油圧によって作動しているようで、オイルが減ると正常に作動しなくなります。

このようなようなので、マスターシリンダーには、ブレーキオイルを溜めるリザーブタンクと呼ばれる部品が取付けられています。

 

ブレーキオイルのチェックも忘れずに

ブレーキオイルは、そのようなリザーブタンクの目盛りで点検します。リザーブタンクを水平にし、オイルがロアレベル以下であればブレーキオイルを補充します。

とは言っても、通常ブレーキオイルはその辺に負担減しません。もし、オイルが減っているようであれば、オイルを補充する前に、ブレーキパッドの残呈と各部からのオイル漏れが存在しないようなか点検しましょう。

ブレーキホース本体やキャリパーなどの結合部には、ブレーキ時評価が良い圧力がかかります。

ホースの表面や、マスターシリンダーやキャリバーとの結合箇所にヒビ割れや不具合、膨らみがないか、オイル漏れはないか点検します。それから、ドラムブレーキの折、ロッド類にも曲がりなどが存在しないようなか点検します

ホイールとぐるみで一瞬で回転し、ブレーキパッドやシューを押しつけて制動力を発生させるディスクプレートやブレーキドラムは、ブレーキをかけると大変高温になります。

このようなといったものはしっかりとに考慮していますが、転倒による不都合や長期にわたっての使用による熱によって変形が発生するときがあります。

 

熱で変形することも・・・

ディスクプレートやブレーキドラムが変形した時、ホイールを持ち上げて空転させると部分的にブレーキパッドやシューと接触したりし
ます。

ひどくなればブレーキ時にレバーやペダルの握り代が歪みに合わせて変動します。
さらに、ブレーキを掛けるとパッドやシューの摩擦材が減りますが、併せてディスクプレートやドラムも減ってきます。

このという目的のため、定期的にディスクやドラムの厚みや振れ具合、キズなど
の傷が存在しないかノギスやマイクロメーターで点検しましょう!

ブレーキは安全走行の最重要項目!しっかりとチェックしておきましょう。

トラブルの発生を未然に防ぐメンテナンス

近ごろバイクや自動車などの日本の工業ものは、性能は当然ですが耐久性においても非常に濃厚なレベルにあります。

バイクの時、転倒など特別なアクシデントがないような限り、固まったの使用で輪にかけて収集が掛からなくなったりすることはほとんどありません。

むしろ、道路状況が綺麗になったせいもあり、バンク修理すら久しぶりの感覚でなってきました。

また自分自身の手を汚してバイクをいじることで、バイクが発する数々な情報を感じとるようになり、普通に乗っていた時とは異なる「一体感」を感じる事もできるでしょう。

メンテナンスの知識は、運転方法同様にかなり重要です。
でも、バイクの運転方法は自動車学校で教えてもらえますが、メンテナンスの知識は
残念ながら整備の学校にでも行かない限り教えてもらえません。

バイクショップや経験者のアドバイスを受けながら、地道に自分自身の手でメンテナンス技術を磨きましょう。

タイヤとホイールのメンテナンス

さてタイヤとホイール関連について。

タイヤとホイールは、バイクの中で唯一路面と接している点で、バイクの重量のすべてを支えると平行して、それら通貨の接触面を通じてハンドルの動きやエンジンの動力を路面に伝えます。

ホイールはホイールの中心になるハブ部とタイヤがはめ込まれているリム部、ハブとリムをつなぐスポーク部で構成され、

この頃はスポーク部が鋼線を組み合わせて造られるスボークタイプとアルミ合金などのこれはいったい成型のキヤストタイプの二

種類に分けられます。

一段とタイヤは、多くチューブタイヤとチューブレスタイヤに分類できます。

チューブタイヤは、タイヤの内側に自転車と同じようにゴム製チューブが入っており、この中に空気を密閉しています。

チューブレスは、チューブがなさそうですから空気をタイヤの内側でダイレクトに密盟しています。

タイヤの空気圧の点検・調整

タイヤの空気圧は、時刻が経つとゆっくりと低下するのですから、定期的な点検が入用です。タイヤの空気圧の測定は、タイヤのエアを入れるバルブにエアゲージを押し当てて行ないます

空気圧が相応と、タイヤの変形が急展開でなりサイド部の偏摩耗や、走行抵抗が増えて燃費が損なわれなります。逆に空気圧が高すぎると、トレッド中心部の摩耗が少なくなくなります。

走行前後にかならずチェック

かならず空気圧の測定は走行前に行ないます。走行直後では、タイヤと路面との摩擦熱によってタイヤ内の空気が膨張して圧力が高くなるから、正確に測定できません。

空気圧は、速やか走行時や2名乗車時など、状況によって設定されています。

タイヤの摩耗度は、タイヤの溝の深さやタイヤ側面などに付けられたスリップサインで判断します。

一般的に、溝の深さが1mmもになると摩耗限度を表わすスリップサインがトレッド面に現われます。

タイヤの摩耗度の点検は、トレッド面がところ的に減る偏摩耗を起こしている時があるため、タイヤ全周で行ないます。

タイヤ関連はバイク売却時にもかならずチェックされる部分です。査定士の方は少しでも減額ポイントを見つけて安価で買い取ろうと試行錯誤します。

愛車を高く買取ってもらうなら、査定前にかならずタイヤ・ホイール関連の事前チェックは必須だといえるでしょう。もちろん売却先の店舗選びも肝心ですが・・・→バイク買取おすすめ

不具合の点検はタイヤ表面にガラスや金属片、クギなどが刺さっていないか、溝に小石や異物が挟まってないか点検します。

走行前にタイヤの空気圧やトレッドの状況をチェック!これくらいは時間がなくても行っておきたいものですね。