未分類

ブレーキ関連のチェックその2

ブレーキパッドのメンテ方法は、ブレーキキャリパーの構造によってちょっと異なります。しっかりと覚えておいてくださいね!

カバーの取外し

プラスチック製カバーや薄い金属板のキャリ
パーサポートを取外します。

取付けピンの取外し

パッドをキャリパーに固定しているピンを抜き取ります。これのピンは、キャリパーを貫通して反対側をクリップで留めている商品やネジになっているもの、それら通貨の上から脱落防止用のキャップで留められてある品物など色々とな性向があります

クリップの取外し

クリップで留められている性分は、クリップをプライヤーなどで引き抜き、ピンを抜きます。

ネジ式は、へキサゴンレンチで緩めていけば今にも抜けます。キャップ付きは、キャッ
プを一(マイナス)ドライバーで外してからピンを抜きます。

ブレーキパッドの取外し

ピンを抜いたら、キャリパー背面よりブレー
キパッドを抜き取ります。

ブレーキオイルの残量点検

新品のパッドに取引する事例、マスターシリンダーのリザーブタンクにどんな程度オイルが入っているか確信します。

ハイレベル近くまで入っている際、ピストンを押し戻すとキャリパ
ー内のオイルがリザーブタンクに逆流してあふれます。

ローレベルまで、オイルを抜いておきましよう。

キャリバービストンの押し戻し

パッドが減った分、外部に飛び出したピスト
ンを、専用工具やウォーターポンププライヤー
でキャリパー内に押し戻します。

ピストンを押し戻すなら、初めにピストンとキャリ
バーの隙間のパッドのカスなどの汚れを、ブレ-キクリーナーを使って拭き取ります。
プライヤーでピストンを押し戻すとき、キャリパー本体にキズが付かないように、ウエスなどを挟んでおきます。

次からも、ピストンにキズが付かないよう古いパッドごと挟むようにしま
す。
対向ピストン式で、専用工具がない場合に、パ
ッドとパッドの隙間に-(マイナス)ドライバ
ーを差し込み、優しく隙間を広げるようにして
ピストンを押し戻します。
ブレーキパッドの取付け

古いパッドを再取引する事例、ワイヤーブラシでパッドの溝につまったカスを取除き、ディスクプレートとの摩擦熱によって硬化した表面を粗目のサンドベーパーで削っておきます。

 

バイクのブレーキ関連のチェック事項

バイクのブレーキは、フロントホイールとリヤホイールに独立して取付けられ、
ディスクブレーキとドラムブレーキの2種類があります。

ディスクブレーキは、ホイールに取付けられた円盤状のディスクプレートをブ
レーキバッドと呼ばれる摩擦材で挟んで制動力を発生させます。

ドラムブレーキは、ホイールハブ部と一体成型された円筒状のドラム部の内側
から、ブレーキシューと呼ばれる摩擦材を押しつけて制動力を発生させます。

ブレーキをかける度に、パッドやシューは少しずつ減っていきます。パッドやシューが減ってしまうとブレーキは正常に作動しません。

ブレーキパッドの残量の点検は、ブレーキバッドの溝で行ないます。キャリバー後側などからパッドの溝は見たりできます。溝がなくなっていれば交換します。

ブレーキシューの残量は、見返りプレートの残呈目盛りで経験します。ブレーキレバーを握と、ワイヤーによって見返りプレートに取付けられたレバーが引っ張られます

ディスクブレーキは油圧によって作動しているようで、オイルが減ると正常に作動しなくなります。

このようなようなので、マスターシリンダーには、ブレーキオイルを溜めるリザーブタンクと呼ばれる部品が取付けられています。

 

ブレーキオイルのチェックも忘れずに

ブレーキオイルは、そのようなリザーブタンクの目盛りで点検します。リザーブタンクを水平にし、オイルがロアレベル以下であればブレーキオイルを補充します。

とは言っても、通常ブレーキオイルはその辺に負担減しません。もし、オイルが減っているようであれば、オイルを補充する前に、ブレーキパッドの残呈と各部からのオイル漏れが存在しないようなか点検しましょう。

ブレーキホース本体やキャリパーなどの結合部には、ブレーキ時評価が良い圧力がかかります。

ホースの表面や、マスターシリンダーやキャリバーとの結合箇所にヒビ割れや不具合、膨らみがないか、オイル漏れはないか点検します。それから、ドラムブレーキの折、ロッド類にも曲がりなどが存在しないようなか点検します

ホイールとぐるみで一瞬で回転し、ブレーキパッドやシューを押しつけて制動力を発生させるディスクプレートやブレーキドラムは、ブレーキをかけると大変高温になります。

このようなといったものはしっかりとに考慮していますが、転倒による不都合や長期にわたっての使用による熱によって変形が発生するときがあります。

 

熱で変形することも・・・

ディスクプレートやブレーキドラムが変形した時、ホイールを持ち上げて空転させると部分的にブレーキパッドやシューと接触したりし
ます。

ひどくなればブレーキ時にレバーやペダルの握り代が歪みに合わせて変動します。
さらに、ブレーキを掛けるとパッドやシューの摩擦材が減りますが、併せてディスクプレートやドラムも減ってきます。

このという目的のため、定期的にディスクやドラムの厚みや振れ具合、キズなど
の傷が存在しないかノギスやマイクロメーターで点検しましょう!

ブレーキは安全走行の最重要項目!しっかりとチェックしておきましょう。

トラブルの発生を未然に防ぐメンテナンス

近ごろバイクや自動車などの日本の工業ものは、性能は当然ですが耐久性においても非常に濃厚なレベルにあります。

バイクの時、転倒など特別なアクシデントがないような限り、固まったの使用で輪にかけて収集が掛からなくなったりすることはほとんどありません。

むしろ、道路状況が綺麗になったせいもあり、バンク修理すら久しぶりの感覚でなってきました。

また自分自身の手を汚してバイクをいじることで、バイクが発する数々な情報を感じとるようになり、普通に乗っていた時とは異なる「一体感」を感じる事もできるでしょう。

メンテナンスの知識は、運転方法同様にかなり重要です。
でも、バイクの運転方法は自動車学校で教えてもらえますが、メンテナンスの知識は
残念ながら整備の学校にでも行かない限り教えてもらえません。

バイクショップや経験者のアドバイスを受けながら、地道に自分自身の手でメンテナンス技術を磨きましょう。

タイヤとホイールのメンテナンス

さてタイヤとホイール関連について。

タイヤとホイールは、バイクの中で唯一路面と接している点で、バイクの重量のすべてを支えると平行して、それら通貨の接触面を通じてハンドルの動きやエンジンの動力を路面に伝えます。

ホイールはホイールの中心になるハブ部とタイヤがはめ込まれているリム部、ハブとリムをつなぐスポーク部で構成され、

この頃はスポーク部が鋼線を組み合わせて造られるスボークタイプとアルミ合金などのこれはいったい成型のキヤストタイプの二

種類に分けられます。

一段とタイヤは、多くチューブタイヤとチューブレスタイヤに分類できます。

チューブタイヤは、タイヤの内側に自転車と同じようにゴム製チューブが入っており、この中に空気を密閉しています。

チューブレスは、チューブがなさそうですから空気をタイヤの内側でダイレクトに密盟しています。

タイヤの空気圧の点検・調整

タイヤの空気圧は、時刻が経つとゆっくりと低下するのですから、定期的な点検が入用です。タイヤの空気圧の測定は、タイヤのエアを入れるバルブにエアゲージを押し当てて行ないます

空気圧が相応と、タイヤの変形が急展開でなりサイド部の偏摩耗や、走行抵抗が増えて燃費が損なわれなります。逆に空気圧が高すぎると、トレッド中心部の摩耗が少なくなくなります。

走行前後にかならずチェック

かならず空気圧の測定は走行前に行ないます。走行直後では、タイヤと路面との摩擦熱によってタイヤ内の空気が膨張して圧力が高くなるから、正確に測定できません。

空気圧は、速やか走行時や2名乗車時など、状況によって設定されています。

タイヤの摩耗度は、タイヤの溝の深さやタイヤ側面などに付けられたスリップサインで判断します。

一般的に、溝の深さが1mmもになると摩耗限度を表わすスリップサインがトレッド面に現われます。

タイヤの摩耗度の点検は、トレッド面がところ的に減る偏摩耗を起こしている時があるため、タイヤ全周で行ないます。

タイヤ関連はバイク売却時にもかならずチェックされる部分です。査定士の方は少しでも減額ポイントを見つけて安価で買い取ろうと試行錯誤します。

愛車を高く買取ってもらうなら、査定前にかならずタイヤ・ホイール関連の事前チェックは必須だといえるでしょう。もちろん売却先の店舗選びも肝心ですが・・・→バイク買取おすすめ

不具合の点検はタイヤ表面にガラスや金属片、クギなどが刺さっていないか、溝に小石や異物が挟まってないか点検します。

走行前にタイヤの空気圧やトレッドの状況をチェック!これくらいは時間がなくても行っておきたいものですね。

乗車前・運転前のバイクチェック項目3

バイクの乗車前点検・・・しっかりと行っていますか?

運転中の事故やトラブル、さらに愛車の寿命を延ばす意味でも、大きな意味をもつのが日常的のバイクメンテナンスなのです。

前回、前々回とチェック項目をまとめてきました。

今回はお伝えしきれなかった最後の部分をまとめておきます。

前回のチェック項目はこちら、前々回のチェック項目はこちら

8.駆動系、チェーンの点検

チェーンの張り具合、適正な遊びがあるか?

またチェーンに適度な油分が残っているか?

もし過剰にが遊んでいる、または張りすぎている場合、走行中に外れたり切れたりと非常に危険な状態。

走行中に切れたチェーンがライダーに直撃・・・という大事故の可能性も。

必ずチェーンのテンションを調整し、適度な張り具合に調整しておきましょう。

ついでにグリスや油脂類が不足している場合、消耗を早めないためにも、チェーングリスをスプレーしておくことも忘れずに。

またチェーンと同時にスプロケットの摩耗具合もチェック。スプロケットの歯が摩耗し、カドが鋭くなってきたら交換時期です。

9.バッテリーの点検

オープンタイプのバッテリーの場合、バッテリー液の量をチェックし、セルモーターをまわした時の音やセルの回り具合を耳で確認してください。

またバッテリーのターミナル周辺の汚れがひどい場合、思わぬ電気系のトラブルの原因も・・・しっかりと清掃しておきましょう。

10.エンジンのチェック

全体的なエンジンのかかり具合、アイドリング中のエンジンからの異音をチェックしてください。

また暖気中、軽くアクセルを回してみて吹け具合、アイドリングの安定性、ついでに排気ガスの色や匂いもチェックしてください。

また水冷車両の場合、ラジエータ液の残量やラジエーターに異物が詰まって損傷していないか?という部分もチェックしておきましょう。

まとめ

以上、乗車前に簡単にできるマシンチェックについてまとめてみました。

これらひとつひとつは大がかりな点検でもありませんが、大抵のマシントラブルはこれらの項目をチェックするだけで未然に防ぐことができます。

最近のバイクはよくできている上に、メンテナンス性も上がっています。

新車バイクを購入し最初の5,000キロから1万キロ程度はほぼのメンテナンスで壊れることはまずないでしょう。

購入時にしっかりと販売店がメンテナンスを行っていれば、そう簡単にトラブルに見舞われることはありません。

ですが低年式な車両、やや過走行気味の車両、ネットオークション等で一般のユーザーさんから購入した車両。

こういったバイクの場合、やはり自分である程度のメンテナンスを行うことは必須となります。新車購入にくらべ、安く手に入れたわけですから、それだけメンテナンスには気をつかっておいた方がいいでしょう。

未然にせけばそう大きな費用もかからないトラブルでも、放置すれば大きな出費、最悪は廃車なんてケースもけっこう多いです。

ぜひ今回の10項目を乗車前の習慣として、愛車の小さな異変を見逃さないようにしましょう!

バイクの乗車前のチェック項目2

バイクを運転するなら、乗車前にかならず行っておきたい乗車前の点検!

前回のページでお伝えしきれなかった項目を今回も引き続きお伝えしておきます。

気になるかたは前回の項目もどうぞ→こちら

では早速jはりきっていきましょう。

4.ウィンカーの点検

走行中、意外と本人が気づきづらいのがウインカー。

バイクで出かけると、時々ウィンカーが消えている車両って多いですよね。まれに乗車前には点灯したいたものの、走行中の振動で切れるときもあります。

できれば予備のランプをバイクの小物入れに用意しておけば安心ですよ。

しっかりとフロントとリア、4つのウインカーのランプが点滅するか確認しておきましょう。

5.タイヤの点検

タイヤの点検で注意してもらいたいのは、まず空気圧のチェック。適正な空気圧を確認してください。

定期的に空気圧をタイヤゲージで測っていればそうそう空気が抜けることはありませんが、念のため手で押してみてチェックしておきましょう。

同時にタイヤに刺さってる異物がないか、ホイルにガタがないか、タイヤの溝の残り具合は大丈夫か?といった部分もチェックしておきましょう。

こちらのタイヤについてまとめたページにもありますが、摩耗や消耗状態だけでなく、年式が古いとグリップ力に問題あり。交換が必要です。こちらのページをご覧ください。

6.ブレーキの点検

ブレーキレバーやブレーキペダルを操作し、手応えと遊びを確認してください。

また油圧式のブレーキを使用している場合、ブレーキフルードやリザーバータンクのオイル残業、ブレーキホースの連結部からオイル漏れがないかも確認。

中には遊びが多過ぎる車両を、何の不安もなく運転されているユーザーさんもいます。自分の車両だけしか触れないと気づかないケースもあります。

なるべく知人やショップのバイクに触れ、遊び量や効き始めの位置、といった部分を参考にするといいです。

7.オイル類

4サイクル車両の場合、チェックするのはミッション・オイルの量と汚れ具合。クランクケース横のオイル確認用の窓で残量を目視してみましょう。

一方、2サイクル車両の場合、ミッションオイルだけでなく、燃焼してどんどん減っていくエンジンオイルの残量確認も忘れずに。とくにオイル消費の高いモデルの場合、頻繁にチェックしておきましょう。
オイル量の確認は、できるだけバイクを垂直にした状態で確認してください

まとめ

ということで、タイヤとかオイルって部分も放置してはいけません。できれば毎回、思い出したときだけでもチェックしてほしい。

これらは安全性だどうこうという部分より、バイクの寿命を延ばすって部分に大きく関係しているのですね。

今回もちょっぴり長くなってきました。

残りのチェック項目は次回の投稿でお伝えしてみたいと思います。

乗車前にやるべき簡単なバイクメンテナンス

乗車前の簡単にできるマシンチェックをご紹介!

バイク仲間とツーリングに出かけると、意外と多いのが単純なマシントラブルによる故障やエンジンストップ。
天気の悪い状況でのマシントラブルとか、本当に嫌になりますね。

ですが大抵の故障やトラブルの原因は、基本的なメンテナンスを行った怠ったために生じるものが大半。

そこで今回はバイクで出かけるまえにやっておきたい愛車のチェックをご紹介します。

大きく分けて10項目、慣れてしまえば人をかけて暖気中に終わってしまうほど簡単なチェック項目のみです。

ツーリングに出かける際はもちろん、普段の街乗りでも乗車前に以下の10項目だけは確認しておくと良いでしょう。

1.ガソリン残量のチェック

タンクにガソリンがじゅうぶんに残っているかを確認してください。

燃料の残量だけでなく注目してもらいたいのは燃料コックの位置。

コックがオフになったままでエンジンが始動できない・・・なんて初心者の方も意外と多いんですよね。

燃料コックの周辺には、タンクからキャブやインジェクションにつながるホースやパイプ類が確認できるはず。

これらのホース・パイプを目視で確認し、外れ・漏れがないかチェックしておきましょう。

2.クラッチの点検

クラッチの点検で注意してもらいたいのが、握った感覚そしてクラッチレバーの遊びの量。

そうそう問題があるケースは少ないものの、基本的にクラッチは少しずつ摩耗していくもの。

なのでレバーの遊びは一定ではありません。徐々に遊びは増えてきます。

レバーの遊びが大きすぎるとクラッチが完全に切れなくなり、エンジンに大きな負担がかかります。

また遊びが少ない場合、走行中にクラッチが滑る原因となります。必ず用意してください。

3.ランプ・レンズ、灯火類のチェック

まずヘッドライトのハイビーム、ロービームの切り替えがうまく動いているか?

光軸は正しい方向に向いているか?

テールランプ、ストップランプはタマ切れせずしっかりと点灯しているか?

ついでにあまり使用頻度は高くないものの、ホーンがしっかりとなるかどうかもチェックしておいてください。意外と鳴らすタイミングって少ないので、配線が切れていても気づきにくい部分。念のために確認しておきましょう。

特にヘッドライトのハイビーム・ロービームのどちらかの電球が切れていて、本人がまったく気づいていないケースが多いです。

安全性に直結する部分です。昼間だとわかりづらいかもしれませんが、手をかざして点灯状態をチェックしましょう。

まとめ

というわけで10項目すべてをお伝えしたかったのですが、ちょっと長すぎるので、残りの部分は次回の投稿で詳しくお伝えします。

今回のポイントは

  • 1.ガソリン残量のチェック
  • 2.クラッチの点検
  • 3.ランプ・レンズ、灯火類のチェック

ということ。どれも安全性に大きく影響する大切な部分な上に、運転していても気づきにくい部分。

しっかりチェックして安全に運転してくださいね!

ガス欠でエンジンがかからない場合はここからチェック!

まさかのガス欠でエンジンがかからない!

そんな場合の対処法についてまとめておきます。

単なるガス欠なら誰でも確認できるでしょう。

ですが単なるガス欠じゃないケースも意外と多いんです、ここでは他の理由によるカス穴についてもお伝えしておきます。

ほんとにガソリンタンクがすっからかんになっているケースもあります。これはガソリンスタンドで燃料を入れれば普通にエンジンがかかるはずです。
しかし問題なのはキャブレター車の場合、ガソリンタンク内にガソリンは残っているもののガス欠症状が起きるケース・・・この場合、気づかないと故障だと勘違いする人も多いです。

例えばガソリンが減ってきて燃料コックをオンからオフに切り替える直前の状態。

この状態でエンジンを止めた場合、次に指導する際にキャブに燃料が行き渡らずガス欠状態でエンジンがかかりません。

その場合、単純にガソリンコックをリザーブにすれば難なく始動できます。まっさきにガソリンコックの状態を確認しておきましょう。

燃料コックを持たないインジェクションタイプのバイクの場合

インジェクションタイプのコックを持たない車両の場合、こういったガス欠症状のケースはありません。

インジェクションタイプのバイクの場合、普通はメーターに燃料警告灯があります。点灯していないかを確認してください。

そして燃料タンクのキャップを開け、実際に確認ガソリンが残っているかも目視で確認しておきましょう。

また燃料タンク内にしっかりとガソリンが空いているにもかからず始動できない。

その場合ガソリンがインジェクションに届いていないケースが濃厚です。

途中のパイプやホースに何らかのものが詰まっている、または外れている、断裂して漏れているケースなど考えられます。

無理せず近くのバイク販売店や購入した販売店に持ち込んで確認しておきましょう。

出先でバッテリーが上がってしまった場合の対処法

バッテリー充電器にはこんな種類がある

出かけようと思ったらセルが回らないでエンジンがかからない…、そんなバッテリー上がりを回復するために回避するために充電器を1つ用意すると便利です。

最近の高性能な充電器なら簡単に充電できるのでひとつ用意しておくと安心ですよ。
まさかのバッテリー上がりを起こさないために必要なのが充電器ですが、バイク用品、では様々な種類の充電器が棚に並んでいます。目的や方式などにより種類も様々。

あまり出番の少ない充電器だけに、少しも安い充電器を選んでしまいがちですがちょっとお待ちください。

高い充電器にはそれなりの工夫がされているため非常に有効に使えます。無理して最高グレードの充電器は不要ですが、しっかりと予算と自分の目的にあったバイク用の充電器を選んでください。

最もオススメのバイクバッテリー充電器とは

まずオススメなのが、過充電の心配なく繋ぎっぱなしでオーケーなタイプ。

過充電の心配ない上、乗らない間に自然放電した分も勝手に充電してくれという賢いのが特徴。

バイクの近くに電源が取れる場合は、車体に充電ケーブルを装備するのもお勧めです。カプラを装着しておけば近くに充電器を持ってくるだけで簡単に充電してきます。

補充電をこまめに行うためにも、前もってカプラを装着し、家に帰ったらカチっと繋いで充電しておく…というスタイル。

これなら乗りたいときにバッテリー上がり・・・というケースもほとんどありません。

まだ保管場所で電源が取れない場合、バッテリーの着脱が困難な車種の場合もありあえず充電ケーブルを装備しておける装着しておくといいです。

緊急事態!出先でバッテリーが上がってしまった

自宅で保管中にバッテリーが上がってしまった場合、先ほどお伝えしたような充電器によりバッテリーを回復させる、またはガソリンスタンドはバイクショップとに持ち込んで急速充電というのが一般的です。

ですがなかには旅先でバッテリーが上がってしまい身動きが取れない…なんてケースも結構多いですね。

そんなバッテリーを充電する時間や設備がない場合、手っ取り早くバイクを動かすにはバッテリージャンプがお勧めです。

バッテリージャンプは、基本的に自動車化自分のバイクより排気量が大きい車種から行ってください。

大前提としてバッテリージャンプにはジャンプケーブルが必要ですがこういったジャンプケーブルはガソリンスタンドやバイク販売店、自動車修理店などで置いてますのでまずはケーブル探しから始めましょう。

基本的には自動車にはたいていは積んでいます。急いでバイクを動かしたい場合、片っ端から声をかけてジャンプケーブルを持っているか聞いてみるのもよい方法かもしれません。

ただし、してもらいたいのはバッテリージャンプによるエンジンの始動は非常用ということ。

バイクの各部に大きな負担がかかるためできるだけ異常時以外は避けたほうがよいかもしれません。

バッテリージャンプにより車と接続して充電する方法

まずエンジンをかけたまにしておいてください

電気を供給する側のクルマのエンジンはかけたままでケーブルを繋ぎ始動してください。

次にやるべきことは車のボンネットわけプラス側の端子から先につないでください。そして車のマイナスがあの端子をつなぎ今度はバイクのプラス側、そして最後にバイクのマイナスがと繋げます。

この順序はぜったいに間違わないように!!

ケーブルのつなぎ方はしっかりと確認した上で、正しければギアがニュートラルに入っていることを確認してメインキーをオンにしてください。

そしてバッテリーのつなぎ方が正しいことが確認出来たら、今度はセルを回しエンジンを始動させましょう。
なるべく負担を減らすためにも短時間でエンジンをかけないものです。

なるべく短い時間だけセルをまわし、エンジンがまりはじめたらすぐにセル戻してください。そうすることで愛車への負担を大きく減らすことができますよ。

上がってしまったバッテリーの対処法

こちらのページの確認事項をチェックしたが、それでもエンジンがかからない!

そんな場合やってみてもらいたいこと。

こちらのページでお伝えしたことを試したけれどそれでもエンジンがかからない…そんな場合落ち着いてエンジンのかからない原因を探ってみることが大切です。
そんな中、一番やってはいけないのはエンジンがかからないのに何度も何度も繰り返してるを増してしまうこと。

そもそもバイクは走行中に時に充電するため、停止状態でセルを回し続ければバッテリーが減り、いつかエンジンが本当にかからなくなります。
一度にセルをますのはなるべく5秒以内、一度チャレンジしたらしばらく休んでから再度チャレンジする・・・といった方法をおすすめします。

バッテリについての注意点

ではちょっとだけ待ってバッテリについての注意点をお伝えしておきます。

セルボタンを押してもうんともすんともいわない。またはキュルキュルキュルとゆっくりと待ってエンジンを始動させるほどならない場合、まずはバッテリーを充電する必要があるでしょう。

急いでる場合は、ガソリンスタンドに持って行って急速充電という方法もあります。ですがバッテリーに負担がかかるためできればきちんと時間をかけて充電することをおすすめします。

充電作業自体はバッテリーにアクセスしやすい車種ならばそれほど難しくことではありません。充電時間はバッテリーのサイズによって様々ですが本格的に充電したい場合大体必要なのは10時間程度。

一昔前までのバッテリーは長時間に渡って10年過ぎると、過充電というバッテリーを痛める原因となりましたが、最近のトリクル式だと繋ぎっぱなしでも過剰な充電を防げます。もし買い替え得るならこちらをおすすめしておきます。

何よりも普段からマメにバッテリの状態を確認し、ちょこちょこ確認しておく充電してことがバッテリーを長持ちさせるポイントなのです。

カプラー装備がオススメ

特にバッテリーの着脱が困難なバイクの場合、最初から充電用の配線カプラーが装備しておくことをおすすめします。

わざわざバッテリーを着脱せずも、電源さえ近くにおいできればカプラを挿し込むだけで簡単に充電ができます。乗車前の点検についでにバッテリーを書く補充するというのもカプラー装備なら簡単に出来るのです。

バッテリーへのアクセス方法をしっかりと覚えておこう

国産と違い外国のバイクの多くはバッテリーにアクセスするのが結構面倒臭い車種が多いかと思います。

例えばタンクの下とかカウルの内側とか、なかには本当にどこにバッテリーが格納されているのか一見するとわからないような車種も…。

なのでいざというときのためにサービスマニアル確認したり、ショップのスタッフに聞いてバッテリーの位置、それに必要なカウルの取り外しや句節の方法を把握しておきたいものです。

バッテリーの充電方法

バッテリー充電は簡単ですが、配線のつなぎ間違えやショートにはそれだけには注意しておいてください。

必ずマイナス端子から外す。

バッテリーの配線ケーブルをバッテリーから外すときに、絶対に間違えていけないのはマイナスがから外すこと。

最初にマイナス端子を外しておけばフレームなどに金属部分が増えたとしてもちょうどする危険がありません。

次にプラス端子をはずしましょう。

外したのケーブルがバッテリーの端子に触れないように注意しながら、今度はプラス側の配線ケーブルはじましょう。

次に固定しているバンドはずしてください。バッテリーは見た目より重いので誤って落としてしまわないよう、注意深く行ってください。気をつけながら注意して持ち上げてくださいね。
では次に充電器にバッテリーをつなぎ充電を開始します。注意してもらいたいのは取り外す時と反対の手順ということ。

最初にバッテリーのプラス端子からつないでください。プラス側の端子をクリップではさんだら次にマイナス側の端子をクリップで挟みましょう。

しっかりとクリップが装着されたことを確認したら今度は充電器のスイッチをいれてで充電を開始。充電器の種類やバッテリーの容量によって充電時間は異なります。

しっかりと充電器の説明書やバッテリーの容量に合わせた充電時間を確認してから始めてください。

エンジンがかからない場合に最初に注意すること

エンジンがかからない

バイクという乗り物は取らない時間が長いほどかからない原因は増えますエンジンがかからない原因が増えます

一言でエンジンがかからないといってもずっと乗ってなかったためにでエンジンがかからない場合もあれば、

昨日は動いていたのに今日になると急にエンジンがかからないなんてケースもあります。

つまり最後にエンジンがかかった時期によって、そのエンジントラブルの原因やチェックすべきポイントが変わってきます。

例えばかなり長時間乗っていなかった場合、バッテリーが上がってるのは最もありがちなパターン。

なかにはガソリンが腐ってることもあれば、保管状態の悪いオーナーさんの場合、電気系を含めた様々な可能性が考えられます。

なので自分である程度メンテナンスできる方は除き、無理せずとりあえずバイクショップに持込むというのがよい方法かもしれません。

逆に昨日の夜のときには全く問題がなかった

そういったパターンの場合、ひたすらエンジンをかけることを試みるのではなく、一呼吸置いてみましょう。

大抵の場合バッテリー上がりか安全装置の切りっぱなしといった操作ミス。そういった理由で一時的に始動できないケースが大半なのです。

下手にセルを回し続ければ弱っているバッテリーにさらに負担をかけるので要注意ですよ。

キルスイッチはしっかりとオンになっているか?

最も多いエンジンがかからないパターンと言えばキルスイッチがオフになっていること。

まっさきに確認すべきはキルスイッチ、自分でオフにしてしまっ中でもちょっと皆にかけたヘルメットが触れただけで偶然キルスイッチがオフになっているなんてケースも…。

スイッチがオフ状態でもセルは回る車種もあります。

古いバイクの大半はキルスイッチがオフの状態だとセルがまわることはありません。なので勘違いしてセルがまわっているのでキルスイッチを疑わない・・・というオーナーさんも結構多いようです。

まずはキルスイッチを確認!これが大切な部分です。

クラッチレバーを握る

まずギアがニュートラル以外に履いてる場合、クラッチを切ら無いと始動できないバイクは結構多いです。

またニュートラルでも始動できない車種(カワサキ車)のような写真もあります。
スイッチの接触不良というケースも考えられますので、とりあえず何度かクラッチを握ったり離したり繰り返しクラッチの状態を確認してみましょう。

 

サイドスタンド上がっているか

サイドスタンドが完全に上がっているかもう一度確認しておきましょう。

ギアがニュートラル以外に入っている場合、サイドスタンドはね上げていないとエンジンがかからない車両が結構多いです。
まだサイドスタンドがしっかりと上がっているように見えても、サイドスタンドが中途半端な場所で止まっていれば安全装置が働きエンジンは始動できません。
カードスタンド何度か上げ下げし途中で引っかかっていないか確認することも忘れずに。

 

ギアはニュートラルかもう一度確認

ギアがニュートラルに入っているかどうかを確認するには、まずメーターのニュートラルランプを確認してみよう。ただメーターのランプだけ信用するのも危険。
というのもなかにはランプが点灯していても、じっさいにニュートラルじゃないケースもあります。
ギアがニュートラルに入れた状態でも、接触不良等でニュートラルランプが勝手に点灯しているケースも意外と多いものです。
なのであくまでもメーターのニュートラルランプは100パーセント信用せず、実際にバイクを前後に動かし、ギア入っているかを確認しておきましょう。